eit swimでは毎シーズン、ヴィンテージとのコーディネートを提案しています。

大量生産が可能な今とは違い、一つひとつ丁寧に物が作られていた昔。

質の良い生地と縫製。

経年劣化していたって、そこを含めて長く大切にできるのがヴィンテージの魅力。

すでに存在している「もの」が時を超え、巡りめぐってまた誰かの元に。

ヴィンテージを選ぶことが、じつは身近で取り入れやすい環境活動のひとつかも?

 

♻Triangle One Piece Grayish

Previous Postファッションとカラダのこと
Next Post〈Think Earth Interview 1〉環境活動家・小野りりあんさん

Related Article

水着1枚で、紫外線対策も。

【HONEY vol.25】掲載

上越〈T.K SURF〉取り扱いスタート

【HONEY vol.28】掲載