前回に引き続き、
モデル・環境アクティビストの小野りりあんさんに
eit swimが今もっとも聞きたいことをインタビュー。

ひとつ前の〈Think Earth Interview 1〉はこちらから。

 

 

−−−− 普段どんな生活を送っているんですか?(環境活動家のリアルなライフスタイルが気になります)

ベースとして、電力会社は化石燃料を使わないところにしています。
(電力会社を探すなら、パワーシフトがおすすめとのこと。クリーンな電力会社を探せるサイトです)

野菜は知り合いの無農薬野菜をできるだけ取り寄せているし、
調味料は添加物が入っていないものを選ぶようにしていたり。
小さい頃から節電、節水は意識せずにやっているかな。

でもね、実はライフスタイルを変えていくことはそんなに重要じゃないんです。

今、世界はCO2排出ゼロを目指さないといけない。

そうなると、自分1人が電気の使い方や水の使い方を変えてもしょうがなくて。
もちろんライフスタイルを環境にいい方向に変えることで
もっと大きなことに目が向くことに繋がるんですけど、
日本のエネルギー政策を、化石燃料を使わない方向に持っていくことが必要なんですね。

そのためにはひとりひとりが声を上げなきゃいけない。


 

−−−− 身近に感じられる環境問題にはどんなものがありますか?

一番感じやすいのはやっぱり気候変動かなと。
台風が大きくなりすぎるのも気候変動が原因だし、
日本も災害が多くなっていることでやっと実感する人も多いんじゃないかな?

しかも2020年の夏は人類史上もっとも暑くなるって言われています。

日本のテレビのニュースでは報道されないけど、
この1ヶ月でケニアで豪雨、インド洋には史上最大のハリケーン、ソマリアで大洪水が起きているんです。

恐竜の絶滅が地球の第5の絶滅期としたら、今は第6の絶滅期と言われています。
今、年間で5〜15万、毎日100〜300種が絶滅していると考えられていて、
これは過去に例をみないスピード。
(生物多様性の研究者ノーマン・マイヤーズ著「沈みゆく箱舟」より)

話が大きくなると身近に感じられにくいけど、
環境破壊が起きている → 自分の生活が不便になる
これを思っていてほしいなと。

生活が不便になるどころか、人類が生きられなくなる可能性だってあるんです。


 

−−−− 今取り組んでいるプロジェクトを教えてください。

ひとつめは、今実際に私も住んでいるアクティビストハウス The Roots の運営。
Roots = 根っこ という意味で
“草の根運動の広がっていく場所”という思いで名付けました。
環境に関心のある人が集まって市民運動などを一緒に行う場所です。

2つめは、グレタ・トゥーンベリが立ち上げた Fridays For Futureの日本のグループを、どうやって国政に働きかけていくか戦略を立てたり。
東京だけじゃなく、地方とつなげる組織構築にも関わっています。

3つめは”Let’s Talk About Environment!(環境について話そう!)”がテーマのオープンコミュニティ Spiral Club の活動。
情報発信の動画を作ったり、企業の人にアドバイスしたり、取材に答えたりしています。

(Spiral Clubの記事、わかりやすくおもしろいです。環境に興味がある人はぜひ覗いてみてください)


 

つづきは〈Think Earth Interview 3〉

Previous Post〈Think Earth Interview 1〉環境活動家・小野りりあんさん
Next Post〈Think Earth Interview 3〉環境活動家・小野りりあんさん

Related Article

【HONEY vol.28】掲載

7月15日 宮崎〈CINEMA HEAVEN〉で POP UP開催

【NYLON JAPAN 6月号】掲載

できる時に、できることを。