人の姿が少なくなったビーチに出向いて、ビーチクリーンをしてきました。

ペットボトル、缶、漁網、ビニール袋、プラスチック片。拾っても、拾ってもゴミだらけ。

日本のどこかから流れ着いたもののようです。

見た目の悪さももちろんですが、

海の中や海の近くに生息する生き物たちが、誤って食べたり、引っかかってしまうのでは、

そう考えただけで身震いがします。

すべては到底拾えない量なので、今日はとりあえず小さなゴミ袋、5袋分。

すぐに大きな改革は難しくても、一歩ずつ、できることを。

Previous Post台北 〈HOLA SURF〉 取り扱いスタート
Next Postエコなだけじゃない。新素材のご紹介

Related Article

原宿でeit swim常設POP UPオープン

水着1枚で、紫外線対策も。

原宿POP UP 10月のオープンスケジュール

〈Think Earth Interview 1〉環境活動家・小野りりあんさん